So-net無料ブログ作成

クーラーボックス

釣りやキャンプなどのアウトドアに、クーラーボックスはいかがでしょうか。
特に夏のアウトドアにはクーラーボックスがあると、冷えたまま飲み物も飲めますし、バーベキューなどで使う食品も腐ることなく、持ち運びができます。
丸洗いできるものは、使うたびに清潔を保てるので衛生的です。
食品を入れるので、簡単に洗えるのもいいですね。

クーラーボックスには色んな種類があり、価格帯も様々です。
大きさも様々です。
持ち運びの手段や用途に応じて選んでくださいね。
あなたはクーラーボックスを、どんな時に使用したいのでしょうか。
Amazonでは、全国へ配送料無料で購入できます。ご購入は、Amazonがおすすめです。

 

釣りやキャンプなどのアウトドアに、クーラーボックスはいかがでしょうか。
新鮮な食材を保存するにも、冷たい飲み物を美味しく飲むためにもクーラーボックスは欠かせないと思います。
クーラーボックスには、どれくらいの容量がはいるのかということと、保冷力をみることが必要です。
あとは、希望内容に応じて価格帯がかわったり、どのようなタイプを選ぶかで重さも変わってきます。

まずは、断熱材の違いと言えば、真空断熱パネルで熱伝導と熱伝達はないタイプ、発泡ウレタンで保冷効果があるもの、発泡スチロールで保冷力が欠けるものの、軽量で使いやすい利点もあります。

また、大きくて重いものであればホイール付きのものがよいと思いますし、携帯できる布製のソフトクーラーボックスで折り畳めるものもよいでしょう。ただし、割れやすいものをいれる時はお勧めしません。

私の場合は、頻繁にアウトドアをするタイプではないので、発泡スチロールの軽量でお手頃価格で購入できるクーラーボックスを持っています。保冷性が高いわけではありませんが、年に数回行くぐらいなので十分問題ありません。
また、友人は頻繁に釣りにでかけるので、保冷力抜群のクーラーボックスを使用しています。
釣り用のクーラーボックスは保冷性がありますが、キャンプ用のクーラーボックスは近場まで車でむかうことを考えつくられているので、釣り用ほどの保冷性はありません。
ですので、保冷剤を一緒に詰めることで保冷力を高めることができます。
そして、容量がたくさんはいるように大きめのクーラーボックスが多いですね。

このように、クーラーボックスは種類も豊富です。どれくらいの時間の保冷を必要とするのかなど、用途にあったクーラーボックスを選んでみて下さいね。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。